幼児も使えるチャイルドシートが良い【赤ちゃんや子供の安全を確保】

ママと赤ちゃん

好きなものを探す

抱っこ紐は赤ちゃんと一緒に出掛ける際にとても便利に活躍してくれる育児グッズです。新生児から使えるもの、おんぶが出来るものなど色々な機能があります。また、持ち運びに便利なように収納袋に入れられるものもあります。

親子

車に乗る子供を守る

チャイルドシートは体格に合わせて利用することで安全性がぐっと高くなります。安全基準マークをきちんと確認し、車にも適合するタイプを選んでください。クッションやカバーが取り外せるのものを選ぶと掃除もしやすくて便利です。

ママと赤ちゃん

赤ちゃんもママも安心

抱っこ紐は赤ちゃんを持つお母さんの体の負担を軽減するアイテムとして人気があります。用途や赤ちゃんの成長に合わせて選ぶことができるのが魅力で、色やデザインも豊富にあります。落下防止ベルトなど安全性にこだわって設計されているので、赤ちゃんもお母さんも安心してお出かけできます。

子供

赤ちゃんを乗車させるには

チャイルドシートは出産後赤ちゃんが退院するときから使用する可能性のあるものなので、出産前から準備しておくと間違いがありません。また、意外と大きなものなので、コンパクトな車にはコンパクトなものを設置すると快適に使用できます。

ママと赤ちゃん

前抱っこが増えた背景

最近の若いお母さんは、抱っこ紐で赤ちゃんを前抱っこしていることが多いといいます。抱っこ紐が普及したことと、赤ちゃんの顔が確認できる安心感が、前抱っこを広めているようです。ただ、赤ちゃんが成長すると前抱っこは難しくなります。そのため、抱っこ紐はおんぶと共用の品がお勧めです。

子供の安全を守るため

子供

安全性と使いやすさを確認

現在の日本では6歳未満の乳幼児はチャイルドシートにのせて車に乗せることがルールとなっています。大人の抱っこだったり大人用のシートベルトの使用のみだったりすると事故の時の安全性が保てず命の危険があるためです。法律で決まっているからというだけでなく、赤ちゃんや子供の安全を確保するためにチャイルドシートの使用は必要なことです。チャイルドシートを選ぶときはまず安全性を確認しましょう。規格に適応しているか、衝撃を吸収する工夫がされているかなどをまず確認すべきです。その上で使いやすさをチェックしましょう。使いやすさを左右するポイントは、取り付けのしやすさ、本体重量、回転するか、長く使えるかなどがポイントとなります。取り付けが難しくても、座席だけが外せてベビーカーに乗せられたり、そのまま自宅でゆりかごのように使えたりするものもあります。こうしたものだと車で寝てしまってからもお昼寝がスムーズなのであると便利です。こうした持ち運びを前提とする場合は本体重量が軽いのも重要となってきます。チャイルドシートが回転すると赤ちゃんが乗せやすく便利です。使いやすさをチェックするときは実際に店頭で確かめてみるとよいでしょう。また新生児や乳児にしか対応していないものと幼児になってもジュニアシートとして使えるものもります。ジュニアシートとしても使えると結果的にお得になるので、一見高く見えてもおすすめです。チャイルドシートは赤ちゃんが生まれる前に準備することになるので、試し乗りなどは難しいですが、こうしたポイントを抑えれば確実に選べるでしょう。

Copyright© 2018 幼児も使えるチャイルドシートが良い【赤ちゃんや子供の安全を確保】 All Rights Reserved.