幼児も使えるチャイルドシートが良い【赤ちゃんや子供の安全を確保】

赤ちゃんを乗車させるには

子供

早目に準備しましょう

チャイルドシートは乗車中の赤ちゃんを事故から守る大切なものです。産まれてから準備すればいいと考えがちですが、もっと早い段階で必要となります。出産後、お母さんと赤ちゃんが退院する際、病院から家まで車で送迎するとすれば、その時点からに乗せないといけません。その後の一カ月健診も車で向かうとすれば、もちろんチャイルドシートは必要ですし、三か月くらいになってお買いものに赤ちゃんを連れだす場合にも必要となります。出産前のベビーグッズを準備する段階で忘れることのないようにチャイルドシートも準備するようにしましょう。チャイルドシートは、新生児から使用できるものと、もう少し大きくなってから使用できるものに分かれています。出産後すぐから赤ちゃんを車に乗せる予定がある場合は、新生児に対応したチャイルドシートを選ぶようにします。また、チャイルドシートは意外と場所をとるものです。コンパクトな車に設置する場合は、チャイルドシートを設置しても他にスペースの余裕があるか、トランクにベビーカーを積むことも考えられるので、チャイルドシートとベビーカーを積むとどのような状態になるかをよく考えて選ぶと間違いがありません。赤ちゃんの紙オムツの段ボールも大きなものですので、ベビーカーや紙オムツを積んだときのことを考えるようにします。赤ちゃんを乗り降りさせる場合の便利さを考えると、シートが回転するタイプのものが便利だったり、フルフラットで赤ちゃんを寝かせることができるものがありますが、このようなタイプ大きなチャイルドシートなので、コンパクトな車にはおすすめできません。

Copyright© 2018 幼児も使えるチャイルドシートが良い【赤ちゃんや子供の安全を確保】 All Rights Reserved.