幼児も使えるチャイルドシートが良い【赤ちゃんや子供の安全を確保】

車に乗る子供を守る

親子

正しく着用するために

赤ちゃんや小さなお子さんを車に乗せるときはチャイルドシートの利用が義務となっています。そこで今回はチャイルドシートの選び方や、これから購入を考えている方に気をつけることなどをアドバイスしていきたいと思います。チャイルドシートには新生児用から学童用と、年齢に合わせたタイプのものがあります。子供が6歳になるまで利用することになるので、体格に合わせて買い替えていく必要があります。なかには兼用タイプもありますが、きちんと体に合わせて利用することで、安全性もぐっと高くなります。購入するときは安全基準マークである「ECE規則44号」というオレンジのマークがついているかきちんと確認してください。これはもともとヨーロッパの安全基準でしたが、日本でも認められたものです。他にも、全面衝突試験や使用性評価試験の結果である「チャイルドシートアセスメント」も確認すると良いでしょう。そして、子供にピッタリのチャイルドシートが見つかったとしても、車に固定できなければ意味がありません。チャイルドシートの売り場には必ず車の適合表が置いてありますし、メーカーのホームページで適合する車種が案内されているので調べてみましょう。複雑な構造のものは設置が難しいこともあるので、パパだけではなく、ママでも扱いやすいものを選ぶのがオススメです。なお、小さなお子さんだとヨダレなどでチャイルドシートが汚れやすくなります。クッションやカバーが取り外せるのもを選ぶと、掃除がしやすくて便利ですよ。

Copyright© 2018 幼児も使えるチャイルドシートが良い【赤ちゃんや子供の安全を確保】 All Rights Reserved.